妄想を働かせることによって、気持ち良さへとリンクさせることができる電話エッチ。
少しの配慮で女性を気持ち良くさせる魔法を使うことができるのです。そのコツは、どれだけイメージを膨らませるかにかかっています。

自分ばかりが気持ち良くなろうとしているのであれば、AV鑑賞が適切です。
あくまで相手とやり取りを行いながら、双方の快楽を追い求めるのが電話エッチです。
その認識が誤っていると、どれだけ時間を費やしたとしても、満足できる体験には繋がりません。

まずは妄想を膨らませるような言葉かけを重ねつつ、相手と一体化している気分になることこそ、電話エッチの醍醐味です。
自分が相手の体をイメージできるような言葉として何が必要かを考えることで、相手にとっても欲しい情報が見えてきます。
それこそが、口にすべき言葉なのです。

余計な言葉はいらず、吐息や行為の音を聞かせるのも一つの手段です。
それだけでも妄想がどんどん独り歩きして、そこから自身の興奮が沸き起こります。
でも、肝心の性器の状況は、必ず口にしてあげなければなりません。
男性であれば、勃起して大きくなったりカウパーがにじみ出てきたりと、女性が咥えたくなるような状況を作ることで、どんどん妄想が具体的になります。

女性から聞き出す状況を絞り込むことも大切です。相手が普段口にしないような卑猥な言葉を引き出すのも、興奮を誘うポイントです。恥ずかしさというのは興奮にも繋がります。ですから、どれだけ恥ずかしさを表現させるかも、女性を気持ち良くする電話エッチのテクニックとなるのです。

アソコの状態を自分の指で確かめてもらって、それを言葉で表現する。その繰り返しをお互いに投げかけていくと、離れていても近くにいるような感覚が得られます。そうすることで、電話エッチは孤独ではなく、誰かと繋がっている錯覚に至るのです。プレイスタイルが固まるほどに、その魅力は相手にも作用するのです。