電話エッチで自分なりに興奮するシチュエーションは誰にでも存在します。
それが叶えられるのであれば、短時間でも絶頂に達する可能性も高くなるのです。
それは男女問わずに存在しますので、ピンポイントで狙えるように、自己分析を行うのがおすすめです。

電話エッチを楽しむには、自分を知ることから始まります。
もちろん相手に開拓してもらうドキドキ感も忘れてはいけません。

プレイを開始するにしても、色々なシチュエーションを想定しながら演じることが、より多くの興奮を得るきっかけになります。
その魅力をわかっているのであれば、演じるキャラクターのバリエーションを豊富にそろえられるようになるのです。

攻めを得意としたとしても、シチュエーションによっては相手に投げかける言葉は違います。
オフィスで誰にも見られないように辱められるという設定や、電車で痴漢に遭うなど、普段はなかなか体験できないような妄想を膨らませてこそ、電話エッチは楽しく気持ち良くなれるのです。

仕事中に上司からスカートの中に手を入れられるというシチュエーションであれば、嫌がりつつも体が反応してしまうという結果が導き出せます。
その流れに乗って疑似的に挿入するような流れにすると、相手は手持ちのアイテムでアソコに挿入することだってできるのです。
もちろん、自分の立派に育ったアソコを入れてあげるという想像上の奉仕も必要になります。

相手が自分の大きく育ったアソコを欲しているのであれば、焦らしも含め乍らどんどん奥深くまで入れてあげましょう。
その時に、相手の入る様子を言葉にすると、より一層いやらしさが際立ちます。

どれだけ言葉かけによって興奮するかは、想像力が重要です。

イマジネーションが働かなければ、いくら刺激的な内容を口にしたとしても、それは興奮には繋がらなくなります。
いかにいやらしく攻めていけるかを考えると、相手の欲求に寄り添ったスタイルが必要なのです。

でも、はじめにシチュエーションを固めておくだけでも、会話に余裕が生まれるようになります。